消耗なんてしません。

※中毒性があります。遺書のようなもの。

湿度47パーセントくらい、それは矛盾じゃない。

こっちが穏やかに向き合うと求められる。不思議だね。

 

コーヒーを飲みながらバイクの塗装についての話を聞いていたら、つけっぱなしにしていたテレビからショーン・ペンの映画が流れ出して、ああハッティが食べてるところは可愛いなとか、こんな茶番ある?とか、笑いどころが同じで楽しく観て、軽いギターのサウンドを聞いていたらそのうち眠くなってきて、エンドロールを見届けてから、狭いベッドで眠りに就こうとした。でも眠気はなりを潜めてしまったから、誰も聞いていないのにささやくようにおしゃべりしていた。あの瞬間の、至近距離にいるのにものすごく遠くに体があるような、遠近感が馬鹿になる感じはなんなんだろうな。

明日学校で朝早いだろうし身体感覚を意識させると目がさめて可哀想だからあまり体に触れない方がいいかなと考えていたら、やっぱり触ってた方が落ち着くと言われて、腕に抱きこまれた。この男の子の腕に抱かれると安心して体がゆるんでしまう。存在を確かめるように頭も顔も体もさすられて、性感とは全然関係ないところで気持ちいいなと思った。目を閉じて味わった。ねこか何かの動物になった気分だった。目を開けたら思いの外顔が近くて目があって恥ずかしくなって、鼻に鼻をぶつけてからこすりつけて、エスキモーキスとか言ってふざけて笑ったら唇で頬をなぞられた。もう性急なキスはしなくていいのかと思うと存外に嬉しかった。

このまま寝てしまっても良いような気まぐれなスキンシップだったはずなのに、ふいに硬いものが腿にあたってあららと思っていたら、肌に触りたいとインユーテロTを脱がされた。お互いの体の弱いところなんて知り尽くしているのに、若いってこういうことなのか?新しい発見なんて今更ないはずだけど、男はいつもの、というのに定期的に触れて確認して安心したがる生き物みたい。本当にかわいいな。

わたしはもうこの人からは快楽を貰おうとは思わない。青春を貰って官能を与えて、その関係が一段落したら、色気も何もない果てみたいなところに落ち着くと思っていた。もっと乾いた関係になるかと思っていたけど、もしかしたら安心して身を委ねられる今の関係の方がはるかに色っぽいのかもしれない。(元々色気と安心は相性がいい)恋人同士だった頃は常にギラギラしていて痛々しくて、それ以上の甘さがあった。以前の方が乾いていたってことか。

別れることで、別の道に一緒に接続してくれる人でよかった。