消耗なんてしません。

※中毒性があります。遺書のようなもの。

ゲイ疑惑。でもそんなのどうでもいいし。

昨日の夜中、突然目が覚めて閃いたの。彼はゲイなんじゃないかって。

と友達に話したら結構ウケて気分いい。友達にはそのひらめきが突拍子のないことに聞こえたらしい。

 

最近デートしていたボンがいるんだけれども、紳士的で清潔感があって、でも何か違和感があった。わたしの見た目を褒めてくれる、対応や仕草も褒めてくれる、でも何か違くない?って。なんだか女に褒められている気分だな?って。今までにないなって。いつも彼と話していると全然男といる気がしない。

最初はこの人とお付き合いするのかな?って一瞬思ったけど、それはこちら側のレーダーのバグだった模様。

友達には、もうこうなったらゲイの方がいいかな、わたしが好きになりかけた人はゲイでしたってそれは平和極まりないなって言ってみた。そうしたらわたしたちはこれからもお互いがお互いを脅かさない限り会うことができる。

 

昔見た夢を思い出した。窓の外には落ちていく太陽。わたしは浴衣を着て同じく浴衣を着た男の膝枕で寛いでいる。男は徐にわたしの体を起こし、抱きしめ、わたしはその気になって男の唇にキスをする。でも男の反応がない。どうしたの?と訊ねると、ごめん、俺は男が好きなんだ、と男は言う。わたしはその時、全く落胆せずに、そうなんだ、と言ってなぜか満たされたような清々しいような気分になって男に笑いかけて、そこで目が覚めた。

わたしには表立って異性愛者、もしくは無性愛者(いわゆるアセクシャル)の友達しかいないけど、わたしにとって同性愛も異性愛も無性愛も単数愛も複数愛もトランスジェンダーバイセクシャルもなんだか複雑そうに語られるジェンダーなんてどうでもいい。わたしは異性愛者で複数愛者の気もかなりあるけど、それを問題にはしないし話し合わないし、普段セクシャリティのことなんて考えもしない。自分のこのスタンスが素晴らしいとも愚かだとも思わない。ただみんなが個人の領域を侵される不安を持たない世界になったらいいなと思うだけ。

 

ああもし彼がゲイだったら、、、本当どうでもいいことだな。