消耗なんてしません。

※中毒性があります。

映画 ウーナ だってあなたは愛してるって言った。

f:id:himilk:20170909000700j:image

『UNA』

ルーニー・マーラベン・メンデルソーンの悲しい映画を観た。ウーナは名前。ルーニー・マーラ演じる見た目は美しいけど、幼くて光の射さない目を持つ大人の女。

f:id:himilk:20170909000711j:image

セックスのシーンがけっこうある。でもどのシーンも醜い。冒頭の鏡に顔を押し付けての後背位でのセックスなんて特に汚く見えるし、トイレに反響する声は喘ぎ声には遠く、呻き声にしか聞こえない。それにトイレというシュチュエーションが全てを物語っている。

ウーナにとってレイとの恋あい、性行為だけが幸せで最上だったということ。それ以外はゴミ。それはゴミみたいなことをしている自分もゴミってこと。そしてゴミでいることがレイとの恋あいを鮮明なまま覚えていられる手段にもなっている。

拠り所のない虚しい生活を送る中では、皮肉にもレイとの思い出が唯一ウーナを支えるもので、だからあの場所から離れられないし離れたくない。そこにいることで自分の人生が進まなくても、レイが帰ってこないとわかっていてもそこからどうしても動けない。大人になったはずのウーナが今苦しんでいることの全てをレイの仕打ちのせいにしたい、でもレイを明確に好きだった、愛していたという事実は消すことができない。レイが自分を愛していたという確証が欲しい、レイに愛されていたと信じている、でももしかしたらただのロリコン野郎だったのかもしれない。

物語中頃までは思春期の強烈な体験に、自分で自分を縛り付けているのかと思った。でもそれに勝るものなんてウーナの人生にはない。たぶん、全ての感情の昂り(最高潮)を1つの恋あいで経験してしまったら他のことなんてゼロに等しい。それを喪ったら当然心は死ぬ。ウーナにとって、時が経てば悲しみは薄れてその内忘れるという、普通の人には起こる都合のいい現象は起きない。タフじゃないから。情動の成長段階で壊されてしまったらタフになりようがないから。ウーナの立ち姿を見れば、人生が止まっている女性だということが分かる。痩せすぎた裸の背中はウーナの精神の脆さや、ウーナの心が修復不可能なほど壊れていることを物語る。

ストーリーの終わりの方、2人が観覧車に乗っているシーンで本当のことが明かされる。レイが言っていた人生最大の過ちってウーナと恋あい関係になったことではなく、もっと早くあの部屋に戻らなかったことだね。戻ったところでどうとも言えないかもしれないけど。

 

いいなと思った字幕があった。fucked meっていうのを、わたしの中に入ったと訳していたのがよかった。秋の夜長、悲しい話を観て過ごすのもよかった。