消耗なんてしません。

※中毒性があります。遺書のようなもの。

最終章なんて始めたくなかったのに。

あっもう終わりだと思った。電話の声を聞いて確信して泣いた。わたしが間違えてかけた電話に出た声は優しかったのに。そういうことってあるよね。

一年以上前に恋人ではなくなって、それから気をつけて甘え合う関係になって、先日とうとうわたしの中で終わった。

さようなら。もう男の子じゃないからいらない。