消耗なんてしません。

※中毒性があります。遺書のようなもの。

短歌

藍色に包まれた君はうつくしかった。神秘のやうに見えた。」のだとか