消耗なんてしません。

習慣について。

短歌

急行の止まらぬ駅の桃色のタイルのような悦びのひと
広告を非表示にする